歯周病や口臭対策に!歯垢(プラーク)除去に必須なデンタルフロスを比較




8月1日は歯が命の日!(過ぎてしまいましたが…><)
肌や髪が輝きを失うように年齢を重ねると口の中も老化します。特に口の不調で多いのが歯周病。歯垢に含まれる細菌が歯の周りと歯茎に炎症を起こすだけでなく、糖尿病や肺炎など様々な病気の原因にもなるのです。歯ブラシを使ったブラッシングでは60%しか歯垢を除去出来ませんが、デンタルフロスも使えば80%まで除去率が上がります。就寝前に歯間ケアをする習慣をつけて歯を健康に保ちましょう!
というわけで、今回の比較検証はこちら!



ワックス付きのデンタルフロス

ワックスがあると歯間の滑りが良くセルフケアに最適です。一方ワックスなしは滑り加工されていない分、歯垢の除去力が増します。フロス初心者の方はワックス付きから始めてみましょう!

※検証結果はスタッフの独断と偏見によるものです。
※商品は全て同じ店で購入した時の金額です。
※画像のフロスは手前が使用後の状態、奥が未使用の状態です。


①オーラツー ステインクリア デンタルフロス(サンスター) 32m 378円

挿入感★☆☆ ほつれ感(繊維の毛羽立ち)★★☆ 爽快感★★☆
適度なやわらかさがあり使用するとフロスがほつれていく。歯垢だけでなく歯間のステインも落とすと表記されているとおり、着色汚れが薄くなった気がする…というスタッフの意見があった。ミントフレーバー版の販売もあり。
※1mあたり約11.8円

②ガム デンタルフロス ふくらむタイプ(サンスター) 40m 430円

挿入感★☆☆ ほつれ感(繊維の毛羽立ち)★★★ 爽快感★☆☆
少ししっかりしたフロス。使用中は唾液に反応してフロスが膨らみ歯間部にフィットしていた。膨張率が高く、例えるなら面積の広いスポンジで拭き取るような感じ。
※1mあたり約10.7円

③クリニカアドバンテージ スポンジフロス(ライオン) 40m 270円

挿入感★☆☆ ほつれ感(繊維の毛羽立ち)★★☆ 爽快感★★★
主張が強いしっかりとした硬めのフロス。狭い歯間に通す時は少し力を入れなければ入らなかった。②のガム同様に唾液に反応して膨らみ、使用中はほんのりミントを感じられた。
※1mあたり約6.7円

④リーチ デンタルフロス ワックス(銀座ステファニー化粧品) 18m 382円

挿入感★★★ ほつれ感(繊維の毛羽立ち)★☆☆ 爽快感★☆☆
手に取った時にワックスのベタつきが一番強く感じられた。フロスは繊細でやわらかく狭い歯間でもなめらかに挿入が出来る。例えるなら上品な絹糸で磨くような感じ。ペパーミントフレーバー版の販売もあり。
※1mあたり約21.2円/50m商品であれば価格は613円で、1mあたり約12.2円

⑤ルシェロ フロス ミントワックス付き(ジーシー) 30m 319円

挿入感★★☆ ほつれ感(繊維の毛羽立ち)★☆☆ 爽快感★★★
適度なやわらかさがあるフロス。使用中はさわやかなミントフレーバーが広がり、口内の爽快感が一番良かった。使用後の毛羽立ちはあまり無く極細繊維が密集しているのがわかる。
※1mあたり約10.6円


【総評】
すべての中でリーチが一番細くてやわらかかったです。歯間の通しやすさという観点からすると、リーチとルシェロがともにスムーズでした。歯間部が狭い場合、ほつれが多いと繊維が残って使用感が悪く感じることもありますが、虫歯のチェックは繊維のほつれが目安になるのでどちらが良い、悪いとは一概に言えません。正しい使い方をすれば歯垢の除去力にそれほど差は無いので好みのタイプを選んで毎日の習慣にすることが大切です!

【おまけ】

ガム、リーチ、ルシェロは歯科医院にも置かれている商品。


身近な疑問、検証、比較希望、感想をお待ちしています☆
←クリックで過去記事が見れるよ!

アンジェラ(^ω^)