カラオケ店でマイクを性器に擦りつける不衛生行為!動画で自慢した男を特定


カラオケ店で悪質かつ迷惑な不衛生行為に及び、その様子を撮影した動画を自慢している男性がいるとの情報が、当サイトに寄せられた。当該の動画は、2017年8月15日にTwitterに公開された。情報提供者によると、Yahoo!知恵袋にて、その動画が問題視されていたのを偶然発見したという。

動画の前半部分には、下着1枚で上半身は裸の男性たちが、カラオケ店の個室内で歌う場面が映っている。やがて、そのうちの一人が歌いながら、手に握っていたマイクを下着の中に突っ込んだ。そして、マイクを性器にグリグリと擦りつけた。その様子を見ていた周囲の仲間たちが笑っている場面で、動画は終わる。

 

 

飲食店内で撮影した下ネタの動画も、同日に公開した。撮影者の友人が股間の上で手を小刻みに動かすという、自慰行為を連想させる動作を披露。続いて、杏仁豆腐らしき白いデザートを食べながら、「今日もいっぱい出たなー。自分で出したのは自分で処理しないと。ああっ、なんてこった、とても濃厚だ。僕のDNAすごい」と大声で言った。

 

 

8月上旬には、自動車を運転中に一時停止しなかったために罰金をとられたとツイートした。それに続けて、「でもそのとき50キロオーバーだったからスピード違反じゃなくてよかった(笑)」と、さらに違反行為を重ねていたことを告白した。過去には、電車内でマナーが悪い乗客を盗撮した画像を公開して、晒し者にするという行為にも及んでいた。

 

 

 

男性は平仮名表記の本名でツイートしており、自身の顔画像や出身校等を公開している。Facebookには漢字表記の氏名で登録していたが、プロフィールや顔画像がTwitterと一致。これらの情報を手がかりに調べると、勤務先の接骨院のホームページにて、スタッフとして紹介されていたことが判明。男性は、接骨院のブログの更新も担当していた。

当サイトが接骨院の本部に尋ねたところ、男性の一連のツイート内容や動画については全く把握していなかったという。そこで、本件が発覚するに至った経緯や問題視された点を説明すると共に、関連情報を提供した。当サイトからの情報に基づいて、詳細を確認するとのことだった。やがて、問題の動画等は削除された。

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋 


SNSでもご購読できます。