情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

迷惑ユーチューバー、個人の尊厳を傷つける行為が続々発覚!

男性3人組ユーチューバー「いちのさん」が炎上した。

 

 

街頭で女性にマスクをはずしてもらい、着用時との見た目のギャップを「マスク詐欺」と揶揄。この企画に非難の声が殺到し、彼らは謝罪の意を表するに至った。

 

 

上記の件に限らず、彼らの動画には個人の尊厳を傷つけるものが多数あるという情報が、このたび当サイトに寄せられた。情報提供者が問題視する一例が、今年10月に公開された動画だ。都内の風俗店にて、接客した女性との会話を盗聴。録音の一部を公開して、女性の外見を酷評した。

「X軸2倍にしたIKKOさん出てきたんだけど」と話し、「バケモンやないかい」というテロップが出る。続いて他店でも盗聴行為に及び、「2回転したんだけどババコンガ×2だった」と述べて「もはや人間では無い」とテロップを表示。最後には「3Bには(ババア・ブス・ブタ)気をつけて」という言葉で締めくくった。

 

 

別の動画では、商店街で高齢の女性たちに「お姉さん」と声をかけ、振り向くか検証。「勘違いババアを炙り出す企画」と説明した。女性の顔には薄いモザイクがかけられているとはいえ、盗撮された当人や家族・友人らが見れば特定は容易であり、深く傷つくかもしれない。これは明らかに人権侵害であると、情報提供者は批判する。

 

 

当サイトでは、商店街の組合に連絡を取った。現地での動画撮影の申請はなく、了承もしていないという。経緯や問題点を説明したところ、これから内容を確認するとのことだった。風俗店にも尋ねたが、初耳だったという。動画の閲覧及び対応の方法を店に問われたので、詳細な情報をメールで提供した。

「マスク詐欺」動画の謝罪にて、「有名になるには目立つしかなかった」と彼らは述べた。だが、知名度を得るためならば何をしてもよいはずはない。自己顕示欲が限りなく肥大して、尊厳についての感覚が麻痺しているのではないか。

 

高橋
ニュース系の記事を担当。他では読めないスクープ性の高い情報や、独自取材による問題の掘り下げを重視しています。

タイトルとURLをコピーしました