トラック運転手、トラブルの相手の車を叩いて恫喝!暴露動画の真相は


大阪府でトラックの運転手とトラブルになった人物が、その動画をYouTubeに公開していたことが発覚した。動画は、2016年11月6日に公開された。トラックの車体に書かれた、企業名も映っている。

 

01

 

対向車線を走るトラックがセンターラインを越えてきたので、クラクションを鳴らしたら、トラブルになったという。トラックの運転手は「何しとんじゃ、コラ」と叫んで、撮影者の車を叩いた。「ふざけんなよ、コラ」、「死ね、アホ」と罵声が続く。パトカーが現場に駆けつける場面で、動画は終わる。

 

02

 

03

 

当該の企業によると、本件は把握しているという。だが、本件を担当する上司は社内に常に不在で取り次げないと、応対した社員は述べた。過日、撮影者から電話で謝罪を求められたそうだ。その時も上司は不在だったため、撮影者に氏名や電話番号を尋ねたが、明かさなかったという。

動画の出来事は事実であると、社員は認めた。一方、動画は撮影者に都合がよいように編集されている可能性もあると主張した。取材を進める過程で、当サイトは撮影者との接触に成功。意図的な編集の有無を確認するために、未編集の動画の提供も求めた。

未編集の動画を閲覧した限りでは、撮影者は相手を挑発したり煽ったりしている様子はない。未編集の動画には、撮影者が警察に通報する場面がある。直後、運転手はトラックを発進させて逃走した。やがて、運転手は警察の事情聴取を受けた。だが、車体に傷がついたわけではないので、撮影者は被害届を出せなかったという。

 

04

 

05

 

撮影者は、企業が当サイトに語った内容に異論を唱えた。11月12日に同社へ連絡した際、電話番号を通知していたというのだ。同社は「うちは悪くない。運転手は、あなた(撮影者)がセンターラインを越えてきたと述べている」と話し、謝罪を拒んだそうだ。もし企業から謝罪の言葉があれば、動画を削除するつもりだったという。

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋 


SNSでもご購読できます。