情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

渋谷駅前の109、「若者のファッションビル」がコロナ禍で激変!

先月、「若者のファッションビル」として知られてきた「SHIBUYA109」(東京都渋谷区)に回転寿司チェーン「スシロー」の大型広告が掲示されたことが話題になった。109の近くに、スシローが渋谷駅前店を出店したことによるものだ。この件は、109の従来のイメージを覆したとのことで注目されたようだ。

だが、駅前の「MAGNET by SHIBUYA109」も激変していたことは、あまり知られていない。かつては「109MEN’S」という名称だった施設だ。当サイトに情報を寄せてくれた読者は、渋谷へ来た時にこの施設の2階のカフェで休憩するのが定番になっていた。久々に来ると、施設内が激変していて驚いたという。

 

 

以前は男性向けファッションの店が多かった。当サイトでは4年前に、109MEN’Sに勤務していた人物から情報提供を受けて、当時の様子を記事で扱ったことがある。外国人観光客を意識して、既に方向転換を始めていた時期だった。MARVEL、ポケモン、ハローキティなどのグッズを売る店が入っていた。

このたび平日の夕方に現地を訪れてみると、施設内は閑散としており、ファッション関連の店が占める割合は大幅に低くなっていた。代わりに激増したのは、漫画やアニメ関連の店だ。さらに、ガチャガチャの専門店もできていた。ファッション関連の店で話を聞くと、コロナ禍の影響で「一時期、店が次々に閉まっていって、空きテナントだらけになっていました」。

 

 

 

 

その後にガチャガチャの専門店等ができたのだという。現在も、テナントが入らずに空いたままになっている箇所が複数見られた。施設のリニューアル時の目玉だった「JOYPOLIS VR SHIBUYA」も昨年に閉店してしまった。ファッション関連の店の激減に伴い、客層はかなり変化したとのことだ。

 

 

外国人観光客も来ない厳しい状況で迫られた「変革」が吉と出るか凶と出るか、今後に注目したい。

 

高橋
ニュース系の記事を担当。他では読めないスクープ性の高い情報や、独自取材による問題の掘り下げを重視しています。

タイトルとURLをコピーしました