情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

悪質な宣伝手法が満載、不正な広告の削除に成功!

悪質な商品広告に用いられる手法について、以前の記事で扱った。すると、より悪質な広告が存在するとの情報が新たに寄せられた。その実態を調べてみた。

問題視されたのは、歯を白くする効果があるという商品「SUMIZUMI KIRARI(スミズミキラリ)」。バナー広告には、「韓国人の歯はなぜ白くて綺麗なの?」などと書かれている。以前からネット広告で見かける手法だ。広告には、日本人男性や韓国人女性が登場するが、架空の人物である。しかも、実際にはいずれも韓国人であり、SNS等から盗用された画像だ。

 

 

 

商品の使用前・使用後を比較して効果を示しているが、画像の明るさや色調を変えただけである。口の開き具合、歯の見え方、ひげの伸び具合など全て一致する。実はこの広告には、古いバージョンが存在する。以前の広告には、女性の口元を接写して商品の使用前後を比べた画像があったが、やはり明るさや色を調整しただけだ。

 

 

 

体験談の末尾には、小さな文字で「ブラッシング効果による」という注意書きが。以前の記事で扱った広告と同じパターンだ。商品の効果ではなく、ブラッシング効果で歯が白くなったということだろうか。以上に記したのは問題点の一部であり、他にも多くの悪質な手法が駆使されている。

当サイトでは、発売元の出島トンボロ株式会社に尋ねた。担当者によると、問題の広告は同社が作成したものではないという。広告内のほぼ全ての箇所で商品名が誤記されているので、外部への発注は事実だろう。とはいえ、広告内容の確認や管理について、同社にも責任があるはずだ。そのように伝えたところ、当該広告の削除の対応をとったとの報告が同社から届いた。今後は誤解を生む表現を採用しないよう、改善に努めるとのことだ。

本件に限らず、悪質な広告はネット上に多数存在する。このような状況そのものが改まらない限り、根本的な問題解決には至らない。

 

高橋
ニュース系の記事を担当。他では読めないスクープ性の高い情報や、独自取材による問題の掘り下げを重視しています。

タイトルとURLをコピーしました