情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

香川県高松市に覆面芸術家・バンクシーが出現

世界的に知られる正体不明のアーティスト、バンクシーの作品が香川県高松市にあるサンポートのスケートパークで発見され、地元で大きな話題になっています。「傘を差して、かばんを持っているネズミ」です。


バンクシーの絵①

バンクシーの絵はスケートパークのジャンプ台など、2カ所におよそ18センチ四方の大きさで、1匹ずつ描かれていています。うち一つは大いに劣化していました。バンクシーの絵のほかにも、スプレーアートの絵が2種類確認され、それらは型の縁の部分が見えるなどクオリティは低いように感じました。


バンクシーの絵② 劣化が見られる




2種類のスプレーアート

当日、スケートで遊戯する人物は1人もいませんでしたが、年配女性を始め男性や若い女性などがバンクシー作品の写真を撮りにきていました。ご年配の女性に話を聞いたところ、「孫に教えてもらって写真を撮りにきた」と嬉しそうに話して写真を何枚も撮っていました。




バンクシーの絵を撮影しに来た女性


バンクシーの絵を撮影しに来た人たち

高松市が確認したところ、この絵は10年以上も前からあったものみられ、バンクシーが描いた絵なのか、本物かどうかを今後確かめることにしているそうです。

ガルエージェンシー香川ガルエージェンシー徳島 代表・内海 修司
探偵歴28年、香川県と徳島県で展開しており、関西・四国ブロックでは古参であり副ブロック長を務める。テレビ出演や雑誌での取材協力、密着取材など多数のメディア出演の経歴を持つ。浮気調査・素行調査では調査後のカウンセリングに定評があり、地元の弁護士からの信頼も厚く、多数の依頼を受けている。

タイトルとURLをコピーしました