情報提供・ご意見ご感想などはこちらまで! 記事のご感想は一通一通ありがたく読ませて頂いております。

5. 星野佳彦氏は結婚詐欺師だった・簡易裁判所、将来の書記官・裁判官

前回のつづき 1話(名古屋で人探し「結婚を約束した婚約者に会いたい!」
       2話(結婚相談所、名古屋高等裁判所で「婚約者の行方調査」編
       3話(公務員、裁判官が結婚詐欺?
       4話(結婚詐欺師の星野佳彦氏を調査 )


調査を進めると、星野佳彦氏の勤務先が判明した。嘘ばかりついている男性でしたので、調査の途中からは、裁判官では無いだろうと推察していましたが・・・。

公務員である事は本当だった様で、『名古屋簡易裁判所』に勤務していました。

3F『簡裁民事書記官室』に勤務しているようです。

ご依頼者様に伝えている「『名古屋高等裁判所』に勤務して『裁判官』だ」と言うのは、真っ赤な嘘でした。

星野佳彦氏は司法に携わる裁判所で、色々な民事事件の判例を見ているからか「結婚詐欺」に対しても、一切自分の顔や名前、筆跡などの証拠を残さない巧妙な手口であった。普通の人なら探し出す事は不可能でしょう。
真剣に結婚を考えて婚活をしている女性に近づき、「結婚したい」と真剣に伝えて金を貰い、上手い理由をつけていなくなる。(依頼者様とのラインのやり取りは全て証拠として手元にあります。その他、調査により全て裏付けをとった為に、星野佳彦氏の嘘が沢山証明されています)

自分は女性と数年間も同棲しているのに、結婚を餌に女性から金を搾取。
伝えている名前も嘘、見せた名刺も他人の裁判官の名刺を悪用、「結婚積み立て」も嘘。

だから、いなくなってしまえば本来は何も痕跡を残していない為に、絶対探し出せない筈の「完全犯罪」ですが・・・。探偵ファイル効果で名前を判明する事が出来ました。(結婚詐欺の全貌手口は長くなるので割愛します)

こうしてたった1枚の写真から、悪人を探し出す事が出来ました。
探偵ファイルの読者の方に感謝します。情報提供などを頂いた方には本当に感謝しています。有難うございました。

『この場を提供して頂いた「探偵ファイル」のBOZZ(ハンドルネーム)、総合探偵社ガルエージェンシー会長の渡邉 文男様、有難うございました』(ご依頼者様より)


果たして日本の将来は、こんな方が裁判官となって人を裁いて良いものなのでしょうか?

結婚詐欺を行う相手を探す狩場には婚活パーティを選んでおり、公務員という肩書きを利用して女性と出会い、結婚したいとプロポーズをして「結婚積み立て」しようと金を数十万だまし取っている手口です。また、他の手口を使っていた可能性も考えられます。

私達名古屋の探偵が、結婚詐欺にあった女性を○人把握していますので、被害に合われた方は連絡を下さい。
この男は野放しに出来ないので、結婚詐欺の被害届けを一緒に出しましょう。
※ 同様の結婚詐欺被害にはご注意ください!


結婚詐欺師の「星野佳彦」氏(ほしの よしひこ)の情報を求ム!
(情報提供者の秘密は絶対に漏れない事をお約束します)

galu-yamada@muc.biglobe.ne.jp (←今回の為に用意した人探し専用メールです)

ガルエージェンシー愛知ガルエージェンシー岐阜中央名古屋の人探し
代表・山田 洋一(0120-503-666)
10年以上ノークレームの支社として表彰経験あり。愛知県と岐阜県を中心とする中部地方で、地域住民から絶大な支持を得ている。代表はBOSSの記事にたまに登場する「山田太郎」としてもおなじみの存在。

タイトルとURLをコピーしました