●更新日 06/20●

1億円えっち男と激突!    〜決意


この男の情報は集めるのが難しいと思っていたが、ランダム訪問の読者も含め、週刊誌系を凌駕するサイト(週の読者数120万人)に育った甲斐もあって、続々と有力な情報が集まってきた。


以下の新しい情報がこの男の真の姿を現している。




約二年半前に友人の紹介で会いました。「企業の御曹司があんたの夢の手助けをしたいって言ってるんだけど・・」って。友人も、その男性の知り合いから多額の援助を受けているといいました。面会のホテルは私の希望の場所でいいというので、都内の某有名ビジネスホテルへ。 前日の電話での会話の際、「大きなホテルだと顔が割れているから、僕は受付を通らず直接部屋に行くから、立替でお金を払って部屋に入っててくれ。」と言われ、六万払って部屋で先に待っていました。ホテル代は戻って来ませんでした。他にもいろいろお金がかかりました。何のためにあんな大掛かりな嘘をついて逃げ回ってるのでしょうか?
彼の身体的特徴として、性器が短くて、真珠?みたいのが入っててイビツな形をしてたのと、あと無呼吸病で、寝ている時呼吸が止まって、時々「・・・ンガッ」といいます。あと、女の子のことを全員「姫」と呼びます。(呼び間違い防止?) 女の子がなかなか警察に行かないのは、彼は巧みに女の子の個人情報を本人から引き出すので(住所・本名・自宅電話・本籍まで)何か後ろめたい過去がある女性(例えば私のように風俗とか)は躊躇してしまうのだと思います。
A子さん。


写真


さあ、もっと有力な情報を公開します。


私も被害にあった一人です。私は友達から紹介を受けて、この男にだまされました。友達と一緒に被害届を出し、警察に行きました。友達は30万で示談しましたが、私は納得がいかず、示談はしていません。この男の本名は佐々木秀之です。


はい、私達が郵便の配達先などで割り出した本名と同じです。
男の本名は、間違いなく



写真

佐々木秀之です。




メールの続きです。

以前逮捕歴があります。私が警察と検察庁に告訴状を出したとき、警察で事情聴取を受け、警察で何人かの写真を見せてもらい(それが逮捕された人の写真だったのですが)最終的にこの男に間違いない、との話になりました。私は結局示談も成立せず、告訴状を提出しましたが、警察も動いてくれなかったという結果に終わりました。(金品の受け取りを目的とした性交渉では強姦罪が成立しないという理由が大きいです)

私がこの被害にあったのは3年前の福岡です。私のときは「電通の石橋」と名乗っていました。そしてブリヂストンの御曹司と言っていました。(納得させるために、石橋としたのだと思います。)私も同じく小切手をその場で切られましたが、受け取っていません。警察でこの男に何の制裁も与えられないと言われ、非常にくやしい思いをしておりましたが、探偵ファイルさんで、この記事を見つけ、私の知っている情報でこの男に罰を与えることができればと思い、メールをしました。是非調査をお願いします。Cさん


確かに、逮捕歴は前科ではない。だから

法で裁けないかも知れない。

でも、間違いなくこの男は、長い期間にわたって女性を騙し続けている。
名前を使われた企業も、アンチ・パブ(逆宣伝)になる。

そんなことよりも、ひとつ、間違いのない真実があるとすれば


情報公開すればたくさんの女性が助かる。



だから

この男に恨まれてヘンなメールが来ても、人様に悪口を言われても痛くも痒くもない。
個人情報保護法?
この男やカナヤマンより先に私が捕まっても悔いはない。
これからも法で裁けない悪党に、鉄槌を下していきたい。



BOSS


探偵ファイルのトップへ戻る

前の記事
今月のインデックス
次の記事